2021年 北海道大(後期)解答

惑星トンネルの基本問題.頻出の問題なので一度は解いておきたい.

問1は波が伝わる様子の図示,問2は波の変位の式の問題,問3はマイケルソン干渉計の問題.いずれも易しい問題.干渉問題は位相差で考えるとよい.また,ボルツマン定数を覚えていない人は,非常に小さい定数であることをヒントとするとよい.

前半は電荷保存則の問題.$n$回操作を行う問題は差がつく.後半は交流.典型的な問題なので,落とさないように丁寧に計算をする必要がある.

コメント