干渉 演習問題 シリーズ

分野別

干渉問題は入試でも頻出です.

ここでは,経路差ではなく,位相差や波の数の差で強め合いの条件・弱め合いの条件を立てています.(ある程度の問題になっていくと,こちらの方が都合がよいため)

位相差演習

位相差演習1

位相差演習2

位相差演習3 波長が異なる

位相差演習4 屈折率が異なる

ヤングの実験

ヤングの実験 基本事項の解説

経路差の計算をしています.

この結果はよく出てくるので,それなりに演習をしている人は覚えてしまうはずです.

ヤングの実験演習① 薄膜の挿入

入試頻出の薄膜の挿入です.

薄膜を挿入することで,明暗が移動するのですが,なぜ移動するのかの理解が大事です.

波の数の差を考えれば容易に説明ができます.

ヤングの実験演習② 実験装置全体を屈折率$n$の媒質で満たしたとき

実験装置全体を屈折率$n$の媒質で満たすと,ある変化が起きます.

経路差は変わらないのですが,なぜこのようなことが起こるのでしょう??

ここでも波の数の差が問題になります.

ヤングの実験演習③ 単スリットの移動

単スリットを上下に移動させることで,明暗の縞模様が変化します.

ここでも,経路差の中にある波の数の差で理由を説明することができます.

ヤングの実験演習④ 白色光をあてる

白色光をあてることによって,いろいろな色の光が分かれてスクリーンにうつります.

これは,色ごとに波長が異なり,明暗のできる座標が異なるからです.

波長が大きい色,小さい色は覚えておいた方がよいです.

ヤングの実験演習⑤ 再び薄膜の挿入 

今度は薄膜をスリット後方を入れたときを考えます.

どのように対処をすればよいか悩む問題の1つですが,確実に解けるように演習しましょう.

くさび型領域の干渉

くさび型領域の干渉1

くさび型領域の干渉2

ニュートン環

ニュートン環1 経路差を求める

ニュートン環2

ニュートン環3 液体を満たす

ニュートン環4 下から見る

薄膜の干渉

薄膜の干渉1

薄膜の干渉2

薄膜の干渉3

薄膜の干渉4

薄膜の干渉5

平面波の干渉

平面波の演習問題① 腹線(または節線)のタテ?ヨコ?

平面波の演習問題② 腹線と腹線の距離を求める

平面波の演習問題③ 平面波の波の式

回折格子

回折格子演習1

回折格子演習2 全反射

回折格子演習3 白色光をあてる

波の式と干渉

波の式と干渉 2スリット基本問題

波の式と干渉 3スリット

マイケルソン干渉計

マイケルソン干渉計1

マイケルソン干渉計2

マイケルソン干渉計3 波長を変化させる

コメント

  1. […] 干渉 演習問題 シリーズ […]

  2. […] 干渉 演習問題 シリーズ […]

タイトルとURLをコピーしました